精神系ぼやきサイト

ただ、シンプルにあれ。
デザインがかわいらしくなりましたが doseisany.gifdoseisan.gifbaketu.gif ひきつづき、どせいさんです。ぽえーん。

information

2008年02月03日

ジャンクションに弱い

今日は、第五回劇王を見に、長久手文化の家に行ってきました。
(劇王の感想についてはこちらを。)


朝起きるのが遅かったこともあって、高速道路を使ってすばやく行くことにしました。

ネットで直通ルートを検索すると、

東名阪の山田西インター → 東名の名古屋

と出たので、そのとおりに走っていたのですが、

途中で東名と名古屋高速とのジャンクションにぶつかり、
しかも東名側の方面が名古屋となっていなかったのにアセり、
思わず名古屋高速のほうへ行ってしまい……。

すぐに自分の過ちに気がついたのでした。

東に向かっていた道はすぐに西に折れ曲がり、
Uターンして名古屋中央に戻っていることがわかります。

まあ、すぐに降りればいいや。
名古屋高速の料金がまるまる無駄になったけど……。

が、わかっていても降りられない。
降り口がない……。

結局ぐんぐん西に向かい、吹上まで戻りました。
高速料金も時間もガス代も全部無駄。

劇王にも少し遅刻したし。

前から名古屋高速の接続には迷いまくっててトラウマなのですが、
またひとつトラウマが増えました。
そして自分が学ばない人間だということも再実感しました。

ジャンクションが嫌いです。


※帰りは山田西に降り口がないことを知らず、清洲東まで行き過ぎました。
ガッカリです。
posted by 生坊 at 18:08| Comment(2) | 外ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外出しました

いい加減、力を抜いた日記でも。


友人の誘いもあって、栄に出ていきました。

友人と合流する時間までは、
既成の戯曲で面白いものを物色。
芸術文化センターの図書館や、丸善などの本屋をめぐる。

紀伊国屋はどうかな〜とナディアパークにいったら……



紀伊国屋、ないやん!!



とっくに撤退していたようです。
アウトドアグッズの店になっていました。


その後、友人と合流してドトールでだべり、なりゆきで先ほどのアウトドアの店を冷やかし、デザインミュージアムを眺め、場違いなBEAMSをふらつき、友人と別れて帰宅。

だべってたときに友人からお題をもらったので、
それをショートの小説に仕上げようと思います。



戯曲も、小説も、ゲームも、ショートにライトにつくっていくのがいいなあ、と最近思い始めてきました。

いや、前々から思っていたのですが、どのくらいの分量が自分にとって手軽なのか、把握できていなかったのでしょう。
どうも私は気分でものがたりを練っていくと、どんどんボリュームアップしていく傾向があるようで……大作主義らしい。
posted by 生坊 at 13:12| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

浅く広くで中途半端人生

活動メモ。


【ゲーム】
月一で開かれるスクールのプレ授業に参加。
まあ、体験授業といった感じ。

自習のほうは、プログラムの勉強本が二冊目でストップしたまま。
そこにさらに「ゲームデザイナーの仕事」という本を購入。
こちらは読み物なので、さきに読み流しておく。

コンピューターゲームもTRPGも、いろいろ遊んでみている。
ボードゲームのカタンに興味あり。

最近の結論としては、
ゲームはおもちゃであるべきだよなぁ〜ってところ。
いや、ニッチなゲームを否定はしませんが。むしろ個人的には大好きですが、ニッチ。マニアック。


【芝居】
はじめに書いた「AT(アット)」の台本は、
制作面の困難さから、いったんお蔵入り。
より実現可能性の高い、小規模な公演ができる台本に書き直ししている途中。
もう、正直、既成の台本から立ち上げるほうがいいかも、と考えている。検討中。

今月は、たくさん芝居を見ようと思う。

【小説】
「楽園のアミュティス」の土台固めが少しずつ進んでいる。
肝心の筆力が足りないと感じているので、ショートストーリーの習作をいくつか書いてから始めようと思う。

読むほうとしては、
ル・グゥインの「ギフト」読了。
やはり素晴らしい。
続編の「ヴォイス」も読み始める。

あー「指輪物語」放置したまんまだ。
「銀河英雄伝説」も。
最近、SF作家のジェイムズ・ティプトリー・ジュニアが気になっている。
直木賞取った桜庭一樹の受賞作をぱらぱら読んできた。
主題に興味が持てず、アウト。
筆力は確かでした。
posted by 生坊 at 12:27| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駄文 私にとっての社交性

社交性ってなんだろう。
ということについて考え直してみたら、
結局、いつもどおりのぐだぐだな反省文になってしまった。


私には社交性が足りない、と常々思っている。
単なる実感にすぎなかった。

しかし今では、その漠然とした感じを、
より自覚的に改善していく必要性を感じている。


私はコンピューターゲームの業界に入って、ゲームの企画・制作の仕事に就くことを目標としている。

また、日ごろから趣味のレベルでエンターテインメント全般に対して強く興味を持っており、娯楽を楽しむ側でありながらも、娯楽を提供する側に回りたいとも希望し、そのための学習を進めている。

娯楽の本質は、人を楽しませることであり、もっと突き詰めれば、人の感情を動かすことにある。

娯楽の勉強は、座学だけでは成り立たない。
自分で娯楽を生み出し、人に提供し、提供された人がそれをどう感じたか、楽しめたのか、意見を聞き、それをフィードバックすることが欠かせない。

上記のような、言わば実習に当たる活動をしていく中で、何よりも必要なのは、コミュニケーションの能力だ。

コミュニケーション能力の必要性は、何もエンターテインメントの創造に限った話ではない。
言うまでも無いことだが、社会に出てなんらかのアクションを起こそうとすれば、人とのコミュニケーションは欠かせない。
一人で実現できることなど、たかがしれている。

コミュニケーション能力を高める最短最良の方法は、とにかく多くの人と出会い、話をすること。これに尽きると思う。


ここで、冒頭の社交性に戻る。

社交性とは、単純化すればコミュニケーション能力とほぼイコールになる言葉・概念なのだろう。

だが、私が社交性とコミュニケーション能力という言葉で表現しようとしているものには、それぞれ違いがある。

コミュニケーション能力……
言葉を使うテクニック。人と人が話し合いをするという状況が確立された中での技術。

社交性……
コミュニケーションを取ろうとする意欲性・コミュニケーションの機会をつくる力も含めた、人と関わるための力全般。コミュニケーション能力を内包し、能力を行使する範囲・状況まで考慮したもの。


上記のような定義をすれば、
自分には基本的なコミュニケーション能力は身についているつもりだが、社交性が決定的に不足している。


とにかく、人に会おう、話をしよう、という意欲が薄いように思うのだ。
人の居る場所にいても、話したいという気持ち以上に、気後れや後ろめたさや不快感を感じてしまって、結局、疲れて一人になってしまうことが多い。

感覚的に、一人でいると寂しいなあ、と感じることは多いのだが、
それを、人に会うことで解消しよう、という方向性にいかないのが、私の特性である。一人で没頭できる趣味をつくる。こうして私は寂しさを解消する。

これは生まれながらの特性だったらしい。
親がいうには、幼少時の私は、親に甘えず、友達も作らず、一人でいつまでも勝手に遊んでいる子供だったという。

子供のころはよかった。
世界は未知数で、空想の余地は無限にあり、いつまでも自分の世界に没頭できる時間も用意されていた。

しかし、今は、そうはいかない。
現実は、手前勝手な空想も、時間の余裕も与えてはくれない。
(時間があっという間に過ぎていく。時間って万人に絶対的なもののはずなんだが……。)

それよりなにより、私は気づいてしまったのだ。
人が全力で生み出したもの、人から与えられたもの、人と一緒に生み出したのほうが、自分一人の空想なんぞよりもずっと面白い。

20年以上の月日をかけて、
ようやく私はそれに気づくことができた。
それを実践する場にも、一時的ではあったが、身を置く事ができた。

もっと、もっと、実践したい。
そのためには、もっともっといろいろな人に出会わなければ。

そこで、私の足は止まってしまう。
はて、どうすればいいんだろう。
うーん、とにかく思いつくままにやってみよう。

で、現在。
正直、あまり成果が出ている気がしない。
少なくとも、歩みが遅い。
迷う時間が多すぎる。
余所見をしてしまう時間が多すぎる。

私は、追い込まれないとなかなかひとつのことに集中できないタイプだ。いや、空想だったらいくらでもできるのだけれど。

ああ、そうか。
私は、私を追い込んでくれる人を探しているのだ。

で、その人はどこにいるんだろう。
どうやって探せばいいんだろう。

ここでまた、足が止まってしまう。
んで、すぐにまた余所見をしてしまう。
才能ないのかなあ、とか、魔がさしてくる。


ああ……だんだん恥ずかしくなってきた。
ほんとバカだな自分。
こんな情けないこと書いている暇あったら、ネットで人を募集するとか、やりようはあるだろうに。
結局、他人の期待とか、引き受けてしまったことに対する責任とかを背負うのに、デメリットばかり感じてしまっているんだろうな。

私にとっての社交性イコール勇気ってことか。
ほんと、どうして他人ってこんなに怖いんだろう。
病気だと割り切っててもうんざりする。
タグ:愚痴
posted by 生坊 at 12:00| Comment(2) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

ワンルームが俺の世界、或いは自己表現を叫ぶ隠遁者の戯言

ちょっと疲れたのでネット中毒者っぽい書き込みをしますね。



『世界は目に見えるところまでしかない』

とか作中に書いたのは松尾スズキ氏だったか。
自分にとってはリアルな言葉だ。

いや、もっと狭いか。

『世界は手の届くところまでしかない』

うん、このくらいがコンパクトでよい。
俺が住むにはふさわしい世界だ。
認識できる世界としては、そのくらいのほうが情報過多にならずにすむ。

ただ、この範囲の世界では、すぐに皮膚感覚としての寂しさが襲い掛かってくる。
こいつがまた如何ともし難いほどの強敵なのだ。

この寂しさを解消するには、外の世界を知ることが不可欠なのだが、
これを垂れ流しにして他人を接するのは、迷惑者にほかならない。

俺は他人に迷惑をかけたくない、他人の迷惑を引き受けたくない、
つまりは事なかれ主義なのだ。
いや、ただの面倒くさがりか。

引きこもりは外の世界を恐れている。
しかし、引きこもることも同時に恐れている。

自分はこういう戯言を書いているときがもっとも筆が走る。
当然だ。
戯言には客観性など微塵も存在しないのだから。
戯言が、他人に理解される表現になど、なるはずもない。
『手の届くところまでしかない』閉じた世界で完結する言葉なのだから。

まあ、昨今では、そんな言葉さえも、こうしたWebの力で、
世界中に垂れ流すことが可能になった。
ボーダーレス?
聞いて呆れる。
珍獣が檻の中から外の世界に向かって吼えているだけだ。

珍獣は外に出られない。
見物人は珍獣に手を差し伸べない。
檻から出そうなどとは間違っても考えない。
餌を放り込むくらいはするかもしれないが。

えーと……
檻の中の珍獣であるところの自分は、
どうやら餌に飢えているらしい。

餌、餌。
餌をくれー。

どうやら珍獣は、
自分から檻を壊す気力を、
失ってしまったようです。

こんなに病気ってる俺が社会に出て働くとか芝居の公演を打つとかって勘違いも甚だしいですよね?
ああ、宗教に入るのがいいのかな。
でもあれ面倒くさいよね。
はた迷惑だし。

畜生、言っちゃいけないこと、書いちゃいけないことだってわかってるんだよ。わかってる。
こんな文章見られた日にゃ、みんなどん引き、友達ゼロ。
お天道様にも顔向けできねぇや、とかクラシカルに表現しちゃうぜ。


………


ああやばい、楽しくてしょうがないや。
体裁とかモラルとか気にしないって最高!

でも、こんなことばっか言ってて、
ひとさまに心配かけてたら、ごめんなさいって謝っちゃうんだろうなあ俺。
ほんと、すみません。
テバ・サキはこんなやつです。
とっくに見透かされているかもしれないけれど。
表面だけでも仲良くしてもらえれば十分です。
こんな変人を関わってしまった皆様、これも因果と思って諦めてください。

自分はダメな状態を晒すことも多く、迷惑をかけてばかり。
それでも付き合っていただける奇特な方、本当にありがとう。
これからもよろしく。

普通に生活するってなんて難しいことなんだろう。
そもそも普通ってなんだ!?

きりが無いのでこのへんで。
さようなら。
また会いましょう。
posted by 生坊 at 16:03| Comment(3) | 病ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

標(しるべ)

虚無感に蝕まれながら、朝から晩までずーっとテレビゲームばっかやっていた日々が続いていました。

それはそれで楽しくもあるんです。

かつて義務教育を受けていたくらいのころ……。

何か自分にしかできないことをしたい!だけど、何からはじめていいのかわからない!
そんな焦りや無軌道なエネルギーを、ずっと財宝探しやら世界を救う旅やらに費やしていたものです。

そして現在。
少しはわかってきました。

本当に救うべきものはまず自分自身であって、
手に入れるべきは財源の確保や創作力なのだと。


先日、
大学時代に所属していた演劇部の公演を見に行きました。

こちらです。

劇団把゜夢

役者に新人さんが多かったこともあって、まだまだ荒っぽいところや未完成な印象を受けるところもあるのだけれど、芝居に対する熱意や、理屈抜きで体当たりで芝居に望んでいることが伝わってくる、刺激的な舞台でした。

負けてられねぇなあ、と感じました。

迷いや焦りや諦めの気持ちにしょっちゅう追い込まれる私ですが、
またすこし何かが吹っ切れた気がします。

今年はとにかく一本芝居をやる!
小説を1作品書いて、何かのかたちで発表する!

コンピュータゲーム製作の勉強がどれだけ忙しくなるのか、
予測できない怖さがありますが、がんばってみます。
posted by 生坊 at 10:02| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

「ひとにやさしくない」

ひとつ下の記事、いつもの病気が出てます。

しかも重症。

でも、言いたかったんだもん。(滅


さて、

今年の抱負は「ひとにやさしくない」。

なんだろう、この人をコケにした抱負。

別にひとに意地悪をする一年にしたわけじゃないですよ。


ただ、人への過剰な気遣いをなくしたいなあ〜ということなんです。

気遣いってのは、優しさを向けることだけじゃなくて、

過剰な期待をかけたりもしない、ってこと。


ええっと、それもどういうことかって……説明がしずらい。

重症で、思考力も文章力も激減してる……説明する意欲も低いわぁ……。

何を言っても理解してもらえない気がしています。

なんだかすべてが投げやりになりそうだ。

辛い……。
タグ:抱負
posted by 生坊 at 12:10| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消えない不安

タイトル、

「ドキドキが止まらないーー!!」

とか、ね。

ありきたりで元気そうなタイトルにしてたんですけど、

ごまかせないですね。そんなんじゃ。


続きを読む(注意!痛い文章・オチなし)
posted by 生坊 at 11:49| 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

今年の抱負、強制削除…

めずらしく真面目に今年の抱負なんぞ書いてたら、
アップ直前にPCが強制シャットダウン(滅

柄にもないことするな、っつーことかと思いつつ、
このところ、
わがノートPCがすぐこうして強制終了し続けていること、
そしてそれに何の対処もしていない怠惰な自分に気づく。

原因はわかっている。
熱暴走だ。

さっそくPCの裏カバーをはずし、ファンの清掃を開始。
…ビンゴ。
もっさりと綿埃が詰まっていた。
ごめんよノートPC。
清掃を終了して、再起動。
あー、あきらかにファンの回転が良い。
ほんと、ごめんよノートPC。

こうしてPCの大掃除は完了し、
一週間遅れの年越しができましたとさ。

ちなみに今年の抱負は、
「ひとにやさしくない」。
なんぞこれー。
詳細はまた明日、書くことにしまーす。
ふう。
タグ:抱負 熱暴走
posted by 生坊 at 16:02| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

あ、明けたんですね

ふぁう……

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

賀正!

迎春!!

なんて格調高い響き。
このブログにゃもったいない。


さて、

いい加減、引きこもるにも、精神が限界にきているので、
そろそろ社会復帰しようと思います。
履歴書を書き書き。


今年はどんな一年になるのかな。
今年はどんな一年にしようかな。

きっと、なりゆきのままになるんだけどね。


今年もあと362日かぁ……。
タグ:正月 ボケ
posted by 生坊 at 13:09| Comment(3) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

うっぇ、もう一年の終わり……ってぜんぜんそんな感じがしないんだけど

あれこれ来年まで引っ張ってて、年なんか越す気分じゃねぇ。

引きこもり生活に甘んじすぎて、締まりのない毎日。

やべぇ。

仕事してたころの進捗ペースを思い出せ……。


・戯曲(お芝居の脚本ね)「AT(アット、と読みます)」
 第2稿の執筆。アマチュアだからってのを言い訳になかなか進まない。秋公演の実現なるか。しかし焦りは禁物……じれったいぃぃ。

・TRPG
 こいつが俺の生活の比重の多くを占めている……。
 ただの遊びと侮れないのがコイツ。
 「ものがたり」と「ゲーム(デザイン&プレイ)」の2要素を共有する遊びは、ほかにない。
 実際に遊んでみると、なかなかうまくいかないところもあって大変なんだけど、次回はもっとうまくやりたい! と思わせるあたりが、芝居とよく似ている。
 参加者の性格がはっきり現れるところも(笑


なんかほんとここ一ヶ月は、この二つのこと考えてばっかやな……。
来年は、就職に向けてデジタルゲームをメインに勉強する日々が待っている。
その合間に、芝居や小説の創作をやっていこうと思うのだが、正直、忙しいな。
人並みの仕事量をこなせるようになりたい……。
なんかこう、楽しそうじゃないな、俺。

もっとこう、楽しいことしてるんだってオーラを、出していきたい。
苦手だけど。
posted by 生坊 at 17:52| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

近況とバトン

ども。

「AT」第一稿が上がりました。

はい、予定よりまるっと二週間遅れ。

スケジュールには、今週から第二稿の執筆に入っている、となっています。


……正直、第一稿の結末に、納得がいってません。

第二稿の執筆には早速取り掛かりますが、これも納得のいく結末になる保証はありません。

それとも、完璧な作品などなくて、評価を待つしかないのでしょうか。

……まあいいや。
こんな文章を書いていること自体がむなしい。
次にいきたいと思います。


で。


話題はがらっと変わります。

というのも、バトンが回ってきていたので。

ほんとうにひさしぶりなので、やってみました。

ごくごく普通のバトンです。


では、どうぞ。


●あなたの性格を一言で。
 気分屋。ムラっ気が強いので、組織では扱いにくいタイプ。

●顔は濃いほう?薄いほう?
 濃い。とくに眉毛が。

●背はいくつ?
 167くらい

●自分の体で嫌いな所は?
 すぐにガタがくるところ。
 
●あだ名は?
 昔はいろいろあったけれど、大学の頃には「銀ちゃん」とか。

●異性の好きな髪型は?
 ショートすぎなければ、何でも。

●身長は何センチから何センチの人が好き?
 特にこだわりなし。

●特技は?
 妄想。好きなことを延々語ること。他人を自分の趣味に引きずりこむこと(単に他人に迷惑をかける、ともいう)。あ、他人の趣味に感化されるのも得意。

●趣味は?
 芝居。ゲーム(コンピュータ、アナログ問わず)。小説。どれも見るだけでなく、つくるほうも趣味。あとはマンガを読んだり、映画を見たり、歌を歌うし、アートも見るし、旅の道連れになるのも好き。

●マイミクで会いたい人は?
 オフで会いたい人ってこと?
 てか会いたくない人とマイミクはしません。

●怖いと思う時は?
 躁もしくは鬱で、自分のテンションが制御できないとき。ひどいと発作が起きるし。
 あと、悪夢を見てる最中。
 
●あなたが1番したいことは?
 楽して人から注目を浴びる。
 ……無理とわかっているから、そう願うのです。

●今1番気になることは?
 ゲーム業界の動向。
 明日の飯がかかってますから、ええ。

●今年1番したいことは?
 TRPGが……したいです。

 『りゅうたま』
  旅と物語をつくるRPG。

 『シャドウラン』
 サイバーパンクRPG。
 「攻殻」とか「マトリックス」とか「.hack」とか「電脳コイル」とか、古いのだと「サイレントメビウス」もこれの範疇だとか。
 いや、どれもパンク要素は薄いと思うが。
 「リベリオン」や「メタルギアソリッド」はどうだろう?

●喧嘩した時、自分から謝る?
 自分から謝る。謝り倒す。

●異性との友情はあり?
 「うちらは愛情なし。友情で行こう」と誓い合った人はいます。
 
●理想の人に出会えてる?
 理想のお部屋(byアパマンショップ)には出会えました。(意味不明)

●異性への理想を5つ!!
 ・5つなんてたくさんの理想を言わないですむような人柄。
 ・いや、それだけ。
 ・もうない。
 ・うん。
 ・…………zzz。

●恋愛と結婚は別?
 地続きだけど、「処理すべき問題」として見れば、完全に別モノでしょう。

●マイミクの中であなたを1番理解してる人は?
 つきあいが長いのはくうきびとさん。
 私は相手によって見せる側面が変わるタイプですが、彼は一番多くの側面に接していると思う。
 別の面ではちえさんだし。
 また別の面では山さんかな。
 一番などありません。ありえません。
 
●バトンを回して来た人はどんな人?
 山さん。
 無理なく遊べる同姓No.1。
 
●バトンタッチ(各項目3人以上)
 では。

 ※拒否権の行使を推奨します。
 
 ・くうきびとさん
 ・ちえさん
 ・ひろさん


以上。
 
もし、回ってないけどバトンしたい! なんて方はご自由に。
回してみたい人もいなくはないけど、ここはあえて回さない。
posted by 生坊 at 16:49| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

みんな元気やな!

mixiのマイミク日記更新チェックしてみたら……
この二日だけでみんな更新しまくり!!


みんなmixiブーム? フィーバー?
チェックだけでも大変だ!

あと、うちのmixiページとブログにも訪問者がいっぱい!
……知らない人も多いが(苦笑)


なんか驚いたのでそれだけ。
タグ:mixi 日記
posted by 生坊 at 13:14| Comment(0) | 塵芥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

あうあうああうぐったりああうあー

昨日から妙にぐったり……


あかん、風邪引いたらしい。


頭、回りません。

寝てばっか。


しかし、読書はする。

・リプレイ「ゲヘナAn〜時の渦動(うず)は運命の扉」
・雑誌「Role & Roll No.39」
・コミック「アニメがお仕事! 第七巻(最終巻)」
・小説「闇の守り人」


何かに飢えているラインナップです。
マニア〜ック。

ビデオ見る。

・「攻殻機動隊S.A.C 2ndGIG」
・「太陽」
・「ゴッドファーザー」

デニーロ(笑


ゲームやる。

・「バイオハザード アンブレラクロニクル」
・「西村京太郎サスペンス 殺意の罠」


映画のバイオ3は見てない。



どんだけー。



ATは明日から執筆に戻ります。
てか今週中に脱稿やろ。しろよ。俺。
posted by 生坊 at 17:34| Comment(0) | 病ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

クライマックス!!

さあ、台本の執筆もいよいよラストシーンを残すのみ。

んで一週間後くらいかけて推敲、第二稿は今月中に終わる見込みがついてるもんね。

とりあえず一息つけるぞ…ふぅぅ。

終わったら……テレビゲームいっぱいするもんね……。

年越しの準備もいろいろ……。


それにしても、ここ一、二週間のうちに、
戯曲用、ファンタジー小説用、TRPG用、と
いろんな古書を読み漁っていて頭ギリギリ。

しかしインプットすればするほど、自分の作品へのアウトプットも増えるんです。
単純だけど、真理です。

…ああ、パクリだなんて言わないで。
タグ:戯曲 演劇 読書
posted by 生坊 at 17:02| Comment(3) | 活字ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。