精神系ぼやきサイト

ただ、シンプルにあれ。
デザインがかわいらしくなりましたが doseisany.gifdoseisan.gifbaketu.gif ひきつづき、どせいさんです。ぽえーん。

information

2008年09月29日

ショートストーリィ 『舟漕ぎウトナと向こう岸の少女』

月イチでショートストーリィを書いていくことを義務づけております。

9月の作品は『舟漕ぎウトナと向こう岸の少女』。

現代の日本ではないいつか、どこかの物語です。


舟漕ぎウトナと、向こう岸の少女.doc
※リンクを右クリックし、メニューから「対象をファイルに保存」を選んで、ダウンロードしてください。

月イチを義務としていましたが、以後はスケジュールの都合などにより、隔月での執筆になってしまうかもしれません。
次回作は大筋が既に決めてあるので、早ければ10月末に完成できるかもしれませんが。
posted by 生坊 at 11:51| Comment(0) | 活字ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

本にしてもらいました

fdさ.JPG080922_161704.JPG
ショートストーリィの『ニアミス』
(以前の日記でアップしたほうのやつ)を読んでくれた友人が、
『ニアミス』を本にしてくれました。
表紙や最後のページに写真が使われていて、きれいです。

友人、くうきびとよ、ありがとう!

別のご縁でお会いした絵描きさんにも素敵なイラストを色々と描いていただいているし、
『ニアミス』は本当に幸せな作品だなあ、としみじみ思いました。

この作品を種とすると、
今書いている『ニアミス−ふたりの瞬き−』は、その種が芽を出して咲いた花、といったところでしょうか。
少しでも愛される花に育てたい。
そう決意した次第です。
posted by 生坊 at 23:59| Comment(0) | 活字ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ニアミス−ふたりの瞬き−』執筆日誌その2

のんびりと、主役のめい子の日常を書いています。

書いてる本人が、めい子の意外な一面を発見しているところです。


ここでちょっとだけ、本文の出だしを公開。 予告編?

---------------------
 水平線の向こう、まだ星の輝きを残す空にゆっくりと朝日が昇る。
 鋭い陽光が海面を突き刺し、照り返す光が星よりも眩しくきらめいている。
 海岸に打ち寄せる波がはっきりと目に映るくらいに、あたりが明るくなってきた。

 めい子はいつものように砂浜に一人、波が足元を濡らす二、三歩手前くらいに距離をとって、朝日が昇るのを眺めていた。

---------------------

こんなはじまり。

現在の進捗は5%程度。
原稿用紙20枚弱くらい書きました。

まだまだこれからですね。
タグ:創作 小説
posted by 生坊 at 10:47| Comment(1) | 活字ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

『ニアミス−ふたりの瞬き−』執筆日誌その1

先日このサイトで公開しました
ショートストーリィ『ニアミス』。

「ストーリィはいいと思う。このまま小説にするべき」
というオススメをいただきました。
私もいい機会だと思ったので、挑戦することにしました。


タイトルも『ニアミス』から変更。
サブタイトルをつけて
『ニアミス−ふたりの瞬き−』としました。

まず、
プロローグとして、
物語の始まりを象徴する場面を書きました。
そして、
めい子を取り巻く環境についての説明&
今後の展開の布石となる場面を書いている途中です。

『ニアミス』では想像の余地を多く残していた、
めい子の人物像や、めい子の住む町の情景が、
少しずつ具体的な文章になっていきます。
果たして『ニアミス』を読んだみなさまに受け入れられるのか、
あるいははじめて読む方に理解される文章となっているのか。
ドキドキしながら書いています。
まだ始まったばかり。
posted by 生坊 at 10:38| Comment(0) | 活字ノ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。